FC2ブログ
東証大引け・続伸、137円高
今日は東証137円高

不動産や銀行、証券といった内需株には海外投資家の買いが入り、
円高不安から輸出採算の悪化が懸念される銘柄には徐々に売りが広がった感じですね。

やはり円高が今後の株価の障害になりそうですね
まあとりあえず今回は円高にあまり関係なさそうな今日上がった不動産銘柄について分析してみたい。

私もある不動産関連銘柄を持っているが、今保有を続けるか迷っている。
不動産銘柄は耐震偽装の問題も一段落つき、財務も改善しているものも多い。長期的には買いなのだが、短期では底値をつけていないと思うのだ。


その理由はひとつ
2006年に入ってからマンション需要が落ちている気がするのだ
マンション販売台数は1月~2月、特にマンション販売戸数を2月の短観で見ると前年同期と比較し16.7%と急激に落ちている。特に首都圏は20%以上も下げている。

単に地価高騰のためドーナツ化現象が起きていると言えばそれまでだし、景気サイクル的に1月、2月は底だったようであるが、少し不安がある。
2005年は不動産銘柄には非常に景気の良い年でした。2006年も同じ感覚で商売している企業は注意が必要かも知れませんね



スポンサーサイト








↑面白かったらクリック
【2006/05/08 23:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<双日どうなることやら | ホーム | 著名投資家バフェット氏、米経常赤字膨張に警告>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kibidanngo.blog50.fc2.com/tb.php/21-0b7d7133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |